ドムコラム

約1年テレワークで働いてみた【快適に勤務するための注意ポイント】②

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約1年テレワークで働いてみた【快適に勤務するための注意ポイント】②

前回在宅勤務(在宅ワーク)に関して、定義やメリット・デメリットをお伝えしました。今回は、本題でもある「家で勤務にするにあたって快適に過ごすための注意ポイント」をお伝えしていきます。


【目次】

Q.テレワークとは、リモートワークとは?何の略?(※前回)

Q.導入するにあたってのメリット・デメリイト(※前回)

Q.家でも快適に勤務するための注意ポイント
 ①体調・メンタル編
 ②環境編
 ③そのほか





Q.家でも快適に勤務するための注意ポイント

まず大前提として、家で仕事をしていると、会社の設備環境がいかに良いことか気が付いてきます。
通勤による程よい運動に、快適な空調と充実したオフィス家具。長く在宅を行うことで、日々実感しています。まずは体調・メンタル面に関して。


①体調・メンタル編

■とりあえず歩かなくなる

家の中を往復するだけの日々なので、1日数百歩しか歩かないなどが日常茶飯事に。
意識しないと歩かなくなります。お昼休憩に少し散歩をしたり、ストレッチをするなど、リフレッシュを取り入れてください。

■足がむくむ、腰も痛い

打合せ時のちょっとした移動もなくなり、1日8時間ほぼ座っている状態に。

そのためか、足がいつもよりむくみます。体調次第では腰も痛くなりダブルパンチ。着圧タイツなど履いたり、クッションを敷いたりなど対策しましょう。

■服を着替えることで仕事モードのスイッチを入れる

テレビ会議などない方は、部屋着のまま仕事をする方も中にはいると思いますが、私は会議の有無関わらず着替えるようにしています。
特に在宅だとプライベートとの境目がなくなりやすいので、気持ち的にダラダラしてしまう部分もあり…。着替えることにより仕事モードヘ切り替えスイッチを押すようにしています。

column_zaitaku2.jpg

ちなみにメイクに関しては、人に会わない日が多くなったのでデイリーメイクは少し薄くなりました。(打合せ時などはちゃんとしますが)
ですが、物欲はなくなってはいないため、新作や気になるアイテムを買っては溜まる日々を過ごしています。(買ってストレス発散している…ということで良しとします)



次に環境面に関してお伝えしていきますね。



②環境編


■インターネットの速度は常に最速で!

コロナの影響でみなさんStayHome(ステイホーム)をするようになったためか、緊急事態宣言後はインターネットの速度が遅くなった時がありました。
そのためか「ダウンロードが遅い」「Excelがフリーズした」など作業効率が悪化。(特にExcelがフリーズし、データが消えた時は泣きました…)
ネット環境は安定させることに越したことはありません。
現在は比較的速度も安定していますが、ホームルーターから有線でパソコンをつなぎ安定させています。

 

column_zaitaku2.jpg

■外の音にご注意

お昼や夕方のチャイム、灯油販売車の音、工事の音…など周りの生活音には注意しています。
特にクライアントと打合せがある場合は時間設定に気を付けます。(電話中に石焼き芋さんの販売車が来たときは焦りました)
マンションやアパートの方は、隣の声や上のいる人の足音なども気に掛けるようにしています。やむを得ない場合は消音で対応することも。

■逆光

これはパソコンの位置にもよりますが、逆光だとデスクが見えにくくなるので、どこで作業するかも重要です。
私はカーテンの横にデスクトップを設置しているので動かせず…。そのため画面の光で調節してます。配線による配置問題…難しいですね。

■寒さは敵

住まいが雪国なので、暖房ツールはマスト。この時期でもまだ寒い時があるので、ストーブをまだ出しているぐらい我が家は寒いのです。室内が寒いと手がかじかみ、作業効率を悪化される要因です。おまけに冷え性なので、寒さはとにかく敵なのです。

column_zaitaku5.jpg
1年通し在宅ワークした中で1番辛かったのが「寒さ」だったかもしれません。電気代もかかるし、なにより指が動かなくなるのが辛い…。
この冬に買った"無印良品の着る毛布"には何度も救われました。



③そのほか



■お金が貯まりやすくなる

週末にまとめて買い物をすると、平日はめっきり家からでなくなります。(私の場合、コンビニ行くののも遠いので特に)
なので日々の無駄使いはしなくなるメリットも。最近はお取り寄せグルメにハマっているので、結果散財していますが、在宅の方が比較的貯金ができる環境かと思います。


■サボっていないように見せる工夫

前回のコラムでお話しした「コミュニケーションの取り方」にも通ずる部分がありますが、在宅をする上で相手にも快適に仕事をしてもらうため、工夫している点があります。

・なるべくチャットの返信やレスポンスは早く行うこと
・電話は早めにとること

この2点です。
「返信マチで作業が滞ってしまわないように」「サボっていない印象付け」ということから、作業的にも気持ち的にも、相手が少しでもやりやすいと思っていただけるように行っています。「返信遅いな」と不信感が積もると、お互い気持ちよく仕事も行えないですよね。ちょっとした配慮で、お互い気持ちよく作業も進めていきましょう!

 



いかがだったでしょうか。
すでに在宅勤務されている方も、これからされる方にも、少しでも参考になればと思います。

kyujinnavi_bunner.png

↑ ドムでのお仕事さがしはこちら ↑



icon_yakichan.jpg
ライター:やきちゃん

(2012年入社 人事部広報担当)

在宅ワークしながら人事部と広報業務担当中。名前は移住先名物「おやき」より命名。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にお問合せ・
ご相談ください。

法人様はこちら

03-5338-1270

【受付時間】平日/10:00〜19:00

お仕事エントリーはこちら

03-5348-0935

【受付時間】平日/10:00〜19:00

西新宿ドム貸会議室 新宿最安値を目指すドムの貸会議室
LINEスタンプ登場